太陽光発電システムとは、太陽の光エネルギーを直接電気に変換するシステムのことで、発電時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などを発生させないクリーンなシステムです。 昼間は発電し使用しても余った電力は電力会社に売り、雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り電力を購入します。電力会社との系統連系により、このような電力の売買を常に自動的に行います。

1日の使う電力・つくる電力

買取までの流れ

太陽光発電システムで発電する電力は、晴天時の正午前後に最も発電します。 この時間帯の家庭で使う電力量はそれほど多くはありません。いわゆる待機電力といわれる家電に流れるわずかな電力のみが消費されます。 こうした電気を使っても余る状態になるのでそれを電力会社に売ることが出来ます。 売るといっても特別な手続きがあるわけではなく付随の分電盤で充電する電力を計算してくれます。売られた電気の代金はお客様にお振込されます。

仕組み

よく晴れた日は、たくさんの電気をつくることができます。
太陽光発電のしくみをご存知でしょうか?実は従来通り、電力会社とはつながっていて、電気をつくり過ぎた時は電力会社へ売って、必要な別の場所へ供給してしてもらいます。よく晴れた日、わが家でつくった電気はどこかで活躍しているのです。

よく晴れた日は、たくさんの電気をつくることができます

1.太陽電池モジュール太陽の光から電気をつくる
太陽電池モジュール
2.パワーコンディショナー家庭で使える電力に変換する
パワーコンディショナ
3.電力モニタ家庭の電力を管理する
電力モニタ
4.屋内分電盤電力を各電気機器に送る
屋内分電盤
5.電力量計売る電力と買う電力を量る
電力量計
お問い合せ